女性起業家への内閣府のサポート態勢はどんな感じ?

ここ数年の間に、内閣府が主導する女性起業家のためのイベントや支援サービスなども多く行われるようになってきました。例えば様々な都道府県に設置されている「女性起業家を支援する場」や、内閣府と一般企業が共催する「女性起業家×企業のマッチングイベント」など、起業した女性が仕事を得やすい環境づくりが急速に進んできています。

女性起業家を支援する場は、設置されている場所や施設によってまちまちなのでちょっと分かりにくいですが、内閣府のホームページなどにも載っているため一度覗いてみるのも良いのではないかと思います。

いくつか例を挙げると、埼玉県の女性起業家支援ルーム「COCOオフィス」や広島県の「女性起業支援センター」などが良く知られています。平成31年にはCOCOオフィスを内閣府副大臣が視察に訪れたり、そこで複数人の女性起業家さんと意見交換などを行ったりもしました。

内閣府共催の女性起業家と企業のマッチングイベントでは、世界的に著名な女性起業家がトークセッションを行ったり、女性起業家と企業が協力して行っている先進的事業の紹介などが行われています。

この会場に企業のスカウトマンなどはいませんが、一般からエントリーされた女性起業家の表彰なんてことも行われています。これがきっかけで大手企業から注目されたり、消費者に向けた宣伝になったりと様々なメリットもあるようです。

大概は年1回・東京での開催なので地方にお住まいの方はなかなか来れる機会も限られてしまいますが、総勢200~300人にもなる女性起業家同士で関わり合いが持てることは、自分のプラスになるものも多いのではないでしょうか。

こういった内閣府主導の取り組みはその数を年々増やし続けており、これは女性起業家にとっては大きな追い風となり得ます。金銭面でのサポート制度も大切ですが、時にはこういった人と人・国と人の繋がりも大切にしてみると良いでしょう。

Follow me!