女性起業を自宅で行うメリットとは?

女性起業家、低コストで始めるなら自宅がおすすめ。ほかにもメリットいっぱいです。

女性が起業を行う場合新たに自宅以外の場所に事業所を構えることもできますが家賃などの費用がかかってしまいます。特に自宅以外のところで接客する必要性がなく、低コストの起業を目指すなら、おすすめしたいのは、自宅での起業です。

自宅での起業メリット 何といっても低コスト

事業に係る費用は経費で計上できますが十分な収入がなければ赤字になってしまうかもしれません特に収入が少ない場合やできるだけ経費を抑えたいと考えているならば自宅の一部で仕事をするのも一つの方法です

例えば、パソコンや机があれば仕事ができるような場合はわざわざ自宅改装などをする必要もないでしょう。設備投資が0に近い形で開業できるのは、起業のリスクが非常に少ない、賢い選択です。

自宅での起業メリット 育児・介護などと両立させやすい環境が作れる

それに女性の場合は家事や育児・介護などと両立させながら、自宅で仕事をする環境を作っていくのも良いと思いますその方が移動距離や時間の無駄を省くことができます。また、いざとなったらお子さんや親御さんを見に行ける状況を工夫次第で作り出すこともできます。

今まで外で働いていた女性にとっては、育児や介護など、何らかのきっかけで自宅にいる必要が出てきた場合自分の得意分野を使って自宅で仕事をし、起業に活かすことも考えてみましょう。外で働くのに慣れた方も、見方を変えさえすれば、自宅でも仕事をしていくことは十分に可能です。効率性の高い働き方ができます。

女性起業家が無理なく自分らしく仕事をしていくためにも自宅で起業するという選択も有益な方法の一つと言えるでしょう

 

自宅がオフィスの場合には、家賃は経費に含めるのか?備品はどこまで、経費にできるのか?

カスタマーグロース会計事務所では、女性起業家に対して、無料で税務相談を行なっております。

[su_button url=”https://customergrowth.co.jp/freebooking.html” background=”#61ce70″ size=”11″ wide=”yes” center=”yes”]オンライン無料相談はこちらからご予約可能です[/su_button]

Follow me!