女性起業と資金調達

現在、日本では、女性が社会進出しやすいような環境や仕組みづくりが整備されはじめています。

そして、自ら起業する女性の方も増えてきました。起業するとなれば、当面のまとまった資金が必要になります。資金調達したい場合は、公的機関の支援制度を利用してください。国や地方公共団体などの公的機関では、起業する女性を資金面でサポートするために助成金、補助金制度がいくつかあります。

日本政策金融公庫では、女性、若者/シニア起業家支援金という事業を行っています。この事業では、女性であれば年齢に関係なく利用でき、低金利での融資を受けることができます。そしてもう一つは、新創業融資制度(女性の小口創業特例)で、女性の小口創業を支援する制度です。

また、中小企業庁が行っている支援制度もあります。この制度は、創業・第二創業促進補助金といい、創業する方を対象にした補助金です。

この他、各地方自治体が行っている融資制度もあります。

詳しい内容を知りたい場合は、ミラサポ未来の企業☆応援サイトJ-Net21(中小企業ビジネス支援サイト)に情報が掲載されています。

このように、公的機関の支援制度は、様々な制度が用意されており、女性の起業をサポートできる体制が整っているので安心です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です