女性起業のタイミングとライフイベントの関係は?

女性の起業とタイミング ライフイベントとの両立に柔軟な視点を

ライフイベントがあっても起業との両立は可能

女性の起業のタイミングを考える際にライフイベントが気になる場合もあるでしょう起業は人生の転機となりますので自分のライフプランとしっかり照らし合わせた上で計画することは重要です。ですが、ライフイベントにも強い業種・業態がありますし、起業はライフイベントを控えては難しい、と思う必要はありません。

それに、ライフイベントと、起業を両立させた女性起業家も増えています。端的にいうと、時間の使い方や、頭の使い方、そして仲間との仕事の融通・協力の仕方など、仕事力をブラッシュアップしますと、両立はできていくものです。

ライフイベントに柔軟に対応できる業種・職種は?

ところで、ライフイベントや、生活の変化にも強い業種を狙って起業するのも女性にとってよいことかと思います。ネットショップの開業などは、実際の場所と、Face to Faceの営業力は必要がありませんから、ライフイベントにかかわらず、起業しやすい業種といえるでしょう。子供が生まれて、扱う商材の見方が変わって、商材の幅が広がる方もいらっしゃいます。

顧客を持ってのれん分けのような形で独立し、元の所属先から仕事をもらっている、といったケースもライフイベントには左右されにくい起業の在り方といえます。

資格を持っている場合も、Web営業で営業力を付けられますから、これもあまりライフイベントには左右されません。

こんな時は、攻めの姿勢で臆することなく起業を

起業のチャンスはいつでもあるわけではないので、資金援助をしてくれる人が現れたタイミングや、信頼できる協力者がいるなら、それは逃してはいけません。どんなライフイベントと重なることがあってもです。

例えば、配偶者=協力者でしたら、もちろん結婚によって起業を延期するようなことはないでしょう。

また、テーマがあって起業したい、しかも、クラウドファンディングなどで資金協力も集まりそう、などという状況が見えたら、ライフイベントのために起業を躊躇する必要もないと思います。

まとめ

起業とライフイベントの両立は十分可能です。柔軟に攻めと守りの両方の視点を持って対応しましょう。そして、いつでもチャンスを掴めるような準備はしておくべきです

Follow me!