女性の起業、それまでの職務経験を活かし成功させるには?

経験を活かした女性起業 起業の準備が肝心。ぜひ早めの着手を!

何で自分は起業したらよいか、アドバイスが欲しい、という方は多くいらっしゃいます。

ご要望の背景は様々ですが、一つどなたにもアドバイス可能であることは、「今までの経験を活かすことで起業ができないか、考えてみてください」ということです。

今まで何らかの仕事をしていたならばそれを活かして自分の強みとして起業をすることができるでしょう人脈や、ノウハウ、商流の理解など、それまでの仕事での実績を起業に生かすことは、本来どんな仕事でも可能だと思います。

起業するからには、成功させたいですが、これら過去の仕事で培った強みを、成功につなげるには具体的にどうしたらよいでしょうか。

ポイントになるのは、早くから、時間をかけて準備をすることです。起業は10年・15年・20年という期間で考えてよいものと思います。

例えば、会社員であれば、定年までどういうコースで働くか、先を見通して、キャリアパスを考えることは通常のことと思います。これに対し、起業でそれより短い期間の計画を考えるだけで足りる理由はないと思います。

起業の着手を早めにすることは、おすすめです。何をもって着手するというかですが、例えば副業として、一人で切り盛りする機会を持つことは起業に備えた勉強になると思います。

長い期間をかけ、小さなリスクで起業の勉強をして備えることができれば、するべきこと、してはいけないことを体験的に学びますので、成功確率が高くなります。

そのほか、事業計画を書いてみること、同様のコースで独立した先輩・仲間を作って観察することなど、起業に向けて動くことは、会社に在籍している間でも多くできることと思います。

自分が起業してでも、一生続けて行きたい仕事はありますか?もしあるなら、起業という選択を行い早いうちから準備を進めておけば、将来一人で事業を立ち上げてしばらく回すことに役に立つ経験も増えます。その結果、準備から起業に移行することもスムースになるでしょう。

カスタマーグロース会計事務所では、事業を始める女性を応援しております。無料相談も行なっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

https://customergrowth.co.jp/freebooking.html

Follow me!