女性が起業する際の日本政策金融公庫の融資について

今回は起業を考えている女性におすすめの日本政策金融公庫が行っている「女性、若者/シニア起業家支援資金」について紹介したいと思います。

日本政策金融公庫は国から100%の出資を受けて運営される金融機関です。そして、融資対象者の多くが、これから起業を予定している方、中小企業の方で、最も国民の生活に密着した融資制度を持っています。

日本政策金融公庫を利用する理由の一つとして、低金利・長期返済という融資希望者にとっては好都合な条件があります。それと同時に、審査の基準が起業希望者も満たしやすいことから、多くの方が融資を希望します。「女性、若者/シニア起業家支援資金」もそうした起業にあった条件による融資となっています。

「女性、若者/シニア起業家支援資金」の特徴は下記3点になります。
①対象者は、女性または年齢が35歳未満もしくは55歳以上の方で、新しく事業を始める方または事業開始後7年以内の方
②資金の使い道として、「新しく事業を始める」「事業開始後に必要とする資金」のどちらかであること
③融資限度額は7200万円(運転資金4800万円)
融資を受けたら、返済の際には必ず利子が必要となり、この金利が今後の事業にも大きく関わります。

この「女性、若者/シニア起業家支援資金」は無担保・無保証人の場合でも借り入れが可能です。さらに、日本政策金融公庫で他の融資制度の中でも、金利が低い点でもおすすめです。例えば、無担保・無保証人の創業時の貸し付けであっても、基準金利が2.5%ほどであり、担保がある場合は、さらに1%台の低金利の融資が受けられます。

Follow me!