どんな意味?女性起業家に密接に関係するスタートアップという言葉とは

スタートアップとは新しい市場の開拓やイノベーションの創造、他にも今までに無かったビジネスモデルを構築したりといった取り組みを表す言葉です。

起業と大体同じ意味ではあるものの、スタートアップと言う言葉を使う場合は、狭い意味ではITや技術関係の起業について指しています。

そんなスタートアップという言葉・概念は、最近それを取り上げるメディアや企業から女性の起業家とセットで扱われる事が多いです。この言葉には「革新的であること」「成長が見込めること」以外にも「急速であること」という意味も含まれます。

つまり、スタートアップが今までに無かった発想を市場や企業間の競争の場に持ち込むことが、ビジネスシーンにおける急激な発展を生み出すと注目されているのです。

こういった社会に大きく急激な影響を与える起業のあり方を「スタートアップ起業」と呼びます。技術力において将来有望なスタートアップには、ベンチャーキャピタルからも投資が行われたり、あるいは、国外にすぐに拠点を広げるものがあります。

技術系の女性の起業はまだ少ないとはいえ、大学発のスタートアップには女性が社長になっているところもみられます。日本発の女性のスタートアップが世界の投資家の耳目を集める日も遠くはないでしょう。

 

Follow me!