まだ少ない女性の起業家 だからこそチャンス到来!?

女性の起業家が少ない社会的背景 そして、実はチャンスって知ってましたか?

女性の起業家というのは男性と比べても少ない傾向にあります。今までは専業主婦も多くいて、働く女性の数自体が少なかったことに起因しているといえます。

しかし、現在夫婦がそろっている場合の、共働き夫婦の数は、日本全体で、専業主婦がいる世帯の数を逆転し、大都市では保育園問題が多く起こっています。結婚しても働くのが統計上も多数派になってきており、起業家の数も徐々に増えていくものと考えられます。

共働きというと典型的にはまだ会社勤めをイメージしますが、女性の起業も働く道・収入確保の道になるでしょう。

今の社会状況では、女性消費が増え、そのニーズをくみ取れる女性起業家の出番も増えています。メルカリで手作りクラフトの起業、というのが流行った時期がありましたし、今もメルカリは女性のユーザーに人気です。

小さな起業で最低限ほしい収入を確保、その後また会社に復帰することも、あるいは自信をつけて事業を大きくすることも考えられます。自宅起業なら、子供を見ながらの仕事も可能です。保育園に大きな額のお金を使う負担を軽減する知恵の一つになるのではないでしょうか。

チャンス到来、ととらえて、子育てと働くことの両立の問題を、起業も視野に入れて考えてみませんか。

 

カスタマーグロース会計事務所では、女性起業家に対して、無料で税務相談を行なっております。

[su_button url=”https://customergrowth.co.jp/freebooking.html” background=”#61ce70″ size=”11″ wide=”yes” center=”yes”]オンライン無料相談はこちらからご予約可能です[/su_button]

Follow me!